仁田陽翔(にた・はると)のWikiプロフ・経歴・家族構成は?

スポーツ

【仁田陽翔】のWiki風プロフィール

仁田陽翔(にた・はると)は、2014年に猪川野球クラブ入団して2017年まで4年間在籍していました。中学時代は、2018年~2020年まで大船渡市立第一中に在籍していました。2020年にはオール気仙の代表として活躍をしました。

2021年からは仙台育英高校へ入学して投手として活躍をしています。右投げ左打ち、高校3年の打撃成績を見てみると、ここまで19試合に出場していて、防御率 1.714、勝利 1  敗戦 0、投球回 42、奪三振 59の成績を残しています。2023年の夏の大会でどこまで成績が伸ばせるかが注目されています。

選手概要

仁田陽翔(にた・はると)

学年 3年生 背番号 1

ポジション 投手 投打 右/右

となっています。

仁田陽翔(にた・はると)

登板数19試合 先発数 10試合  防御率 1.714 勝利 1  敗戦 0

投球回  42  奪三振  59  与四球 24 与死球 3 失点 9 自責点 8

となっています。球速は最速で151㎞を出しています。

【仁田陽翔】の経歴

仁田陽翔(にた・はると)は、2005年6月10日に岩手県大船渡市で生まれました。遠投は100mで、50m走は6.4秒と俊足です。2023年時点の身長は175㎝、体重74㎏と投手としては小柄ですが、151mという速球は高校生離れをしています。さらに、左投手ということで球速以上に見た目は早く見えます。2年生の夏の甲子園では、変化球で翻弄していて、2023年の夏の甲子園での活躍を期待しています。

仁田陽翔(にた・はると)は、岩手県大船渡市にある猪川小学校に入学しています。3年生の時に、始めています。そのあと、岩手県大船渡市にある大船渡第一中学校に入学しています。ここでは軟式野球部に所属していました。岩手県の予選大会でベスト4まで進んでいます。この学校の先輩には千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手がいて、大先輩に憧れを持っています。

仁田陽翔(にた・はると)の特徴には、球速120キロ台のスライダー・カーブ・チェンジアップを持ち球に持っていて、その上に平均140キロ台で最高151キロのストレートで緩急をつけた投球で高校通算防御率が1点台というのはなかなかのものです。

仙台育英高校では1年生の時から試合で投げていて、春季宮城県大会の2回戦となる泉松陵高校では2回/4奪三振と好投しています。そのあと、高校2年生の時に、春季東北大会の準々決勝弘前学院聖愛高校戦にリリーフ登板し4回/1失点/7奪三振と好投しましたが惜しくも敗戦しています。

その2022年の夏の甲子園の予選で、鳥取商業高校戦にリリーフ登板して2回/無失点/3奪三振と好投しています。そのまま決勝まで進み優勝しました。その時の当番はありませんでした。2022年の秋季大会より仁田陽翔(にた・はると)は、先発に回り秋季宮城県大会初戦の登米総合高校戦に先発登板して4回/無失点/8奪三振、準々決勝の石巻工業戦に先発登板し3回/無失点/6奪三振の成績を上げています。

その後、秋季東北大会では、初戦の青森山田高校戦と準決勝の能代松陽高校戦で先発登板し、勝利しました。そして明治大会では、準々決勝となる沖縄尚学高校戦に登板して2回/無失点/2奪三振の成績を上げています。準決勝の大阪桐蔭高校戦にも先発出場して3回/1失点/4奪三振と好投しました。ただ、試合には敗れています。

2023年の夏の甲子園では、再度、仙台育英高校が地区大会を勝ち抜いて、全国大会へ行くことで仁田陽翔(にた・はると)が世間にその才能を見せてくれることを期待したいところです。2023年のドラフト会議では目玉になるか可能性があります。

【仁田陽翔】の家族構成

仁田陽翔(にた・はると)のご両親は一般の方で、特に有名人ではないので、その詳しい情報は公表されていません。ただ、息子の試合観戦はよくされているということです。

また、兄弟がいるかどうかも定かではなく、1人っ子の可能性が非常に高いです。

まとめ

仁田陽翔(にた・はると)は今注目を浴びている、2世などと違って、普通の家庭で育っていて、体格的にもそこまで恵まれているわけでもなく、ここまでの努力の結果が今の注目を集めているということが分かったのではないでしょうか。普通の高校生が、2023年の夏の甲子園で活躍をしてドラフト会議で指名されることを願います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
シェアする
Ymwaveをフォローする
Heel Labo

コメント

タイトルとURLをコピーしました