お知らせ

8/1(木)「ハイヒールの日」

当協会は、2019年5月19日に創立5周年を迎えます。

5周年を記念いたしまして、8月1日の【ハイヒールの日】に『ハイヒール』をテーマに
阿部教授と理事長マダム由美子のハイヒールについて考えるスペシャルトークショー&お茶会に
JHA会員より15名様をご招待いたします。
(下記お問合せフォームからもお申込みいただけます。応募者多数の場合は抽選となります。
発表は7月中旬頃を予定しております。)

日時:2019年8月1日(木)14:00~16:00 (予定)
主催:JHA 一般社団法人日本ハイヒール協会 
会場:マダム由美子広尾サロン

昨年9月に開催された阿部教授が座長を務める日本靴医学会のシンポジウムにマダム由美子理事長がゲストとして招聘されたことがご縁で今回の対談が実現しました。阿部教授いわく「日本で一番ハイヒールにうるさいふたり」が、ハイヒールに対するわたしたちのネガティブな先入観をバッサリ。阿部教授に人間工学の見地から“美と健康に役立つハイヒール”について教えていただきました。

■現代人にとっての地面は靴の中なのです。

マダム由美子: 阿部先生とは、昨年の第32回「日本靴医学会」ではじめてお会いしたのですが、研究者であり、男性でここまでハイヒールにご理解ある方にはお会いしたことがなかったので、さらにいろいろお話をしたいと思っておりました。

阿部教授: なぜ研究テーマがハイヒールなんですかとよく聞かれるんですよね。フェチなんですかって(笑) 

靴にもいろいろありますが、ハイヒールが研究テーマとして最も難しんです。逆に最も簡単なのがスポーツシューズですね。速く走るとか難しいように思えますが、バイオテクニクスの理論に従えば、ある程度のものは作れるのです。
S__115073032
スポーツシューズとハイヒールの違いは制限があるかないか。ハイヒールはものすごく制限があるんですね。制限だからけです。ヒールは7センチ以上、トップラインのカットが浅いとか、無茶苦茶相反する条件がそろっているんです。つまり難しいから、やりがいがあるのです。

マダム由美子: 先生が「女性がハイヒールを履かなくなったらさみしい」と学会の会場でお話されていたのが印象的だったんです。やっぱりハイヒールって女性らしさを引き出すものですよね。痛いとか疲れるといった理由でハイヒールが履きたいのに履けないということを予防していく……先生とだったらいろいろお話ができると思います。

というわけで今回、最初にお話をうかがいたいのは、現代人の足の状況と歩き方の傾向についてです。これまで私は5000人以上の方に歩き方の指導をしてきて感じてきたことなのですが、足の指に力のないという人が多いということ。足の指が機能していなくて、ちゃんと足の指を地面に着地させて歩いている人がほんとうに少ないと感じています。

IMG_9000

阿部教授: よくいいところに気づかれましたね。その通りなんです。

四つ足動物だった時代には手と足は同じ。それが前足と後ろ足になって、人間は後ろ足が足になっているわけですが、当時と骨の数もほぼ変わらないし、指の数も5本で一緒なんですね。

現代の道というのは、アスファルトで舗装されて平らなイメージですけれど、それはここ数十年のことで、ちょっと前まではデコボコだったんです。もっと前だと舗装もない土の道で石ころとか水たまり跡のへこみとかあったわけです。人間の足はそういう道でもちゃんと歩けるよう地面をつかめるようにできていたんですね。今でも靴を履いてない暮らしをしている人たちのところに行って足を見せてもらうと、地面をつかんでいるし、足裏は靴底みたいに厚いんです。

つまり、現代人にとっての地面は靴の中なのです。

人間も含め、動物は使わないとその部分の筋肉は委縮していきます。退化するんですね。退化も大きな意味で進化といいます。進化というのは、強くなることだけでなく、環境に適応して使わない部分を弱くすることも指します。

マダム由美子: 足の指が弱くなる「進化」なんですね。

阿部教授: 現代人であればあるほど、もろく華奢。30代より若い人にそういう人が多いです。

S__115073028

■悪者にされがちなハイヒール、ハイヒールで外反母趾は治せる!

マダム由美子: 現代人にとっての地面は靴の中というお話がありましたが、確かに歩くために必ず靴を履きます。裸足で歩く時代ではないから。ですから靴は重要ですよね。

その中で私はハイヒールのすばらしさを少しでも多くの人に知ってもらいたいという思いがあります。ところが、今残念なことに、ハイヒールに対してマイナスイメージを持っている人が非常に多い。

阿部教授: そうですよね。
 
マダム由美子: ハイヒールを履いたから外反母趾になったとか、履くと痛い、つらいとか。そのことについて先生はどう思われますか?

阿部教授: ほとんどの人は自分が悪いと思わないのですよね。ハイヒールが悪い、世の中の仕組みが悪いとか、みんな人のせいなんですよ。

でもハイヒールは使いようによっては偏平足も外反母趾も治せるんです。
そんなこというとペテン師扱いなんですけど(笑)ちゃんと科学的に証明しています。

マダム由美子: そうなんですね! 具体的にどういうふうに治すんですか?

阿部教授: 外反母趾って母指(親指)が曲がっているでしょう? 曲がっているということは、足じゃんけんのグーチョキパーのパーができない状態なんです。それはつまりパーをする筋肉が弱っている。だから鍛えなさいというと、足がつってしまう。

でも見ててください。ここ(※)をピンと押すとポンと指が戻ってくるんです。
※親指の付け根とかかとの真ん中あたり

ここに母指内転筋という筋肉があるのですが、そこに当たるようにインソールを仕込んだハイヒールを履くと自分の体重がかかって指が本来の位置に戻るんです。
今までつま先部分に負荷がかかるなど自分の体重が悪さをしていました。これは自分の体重を使って矯正するという考え方です。

IMG_8827

マダム由美子: そうですか! それで予防もできますよね。

阿部教授: 予防だけでなく、治す自信があります。

マダム由美子: メスを入れる必要はないんですね。

阿部教授: 全然ないです。メスを入れるというのは観血的療法といいますが、その観血的療法をする前に保存的療法といって現状をキープしながら治す方法を探します。それでもダメなときは切るわけですが、最初から切らなくてもいいですよね。

マダム由美子: 今の、押して戻すという方法は自分でもできるものですか?

阿部教授:超簡単ですよ!

ここでスタッフの足を使って阿部先生が反った母指を戻す方法をみせてくださいました!

〇<実演コーナー>
足指を広げたじゃんけんのパーの形を自力ではできない足指が、先生が親指の付け根とかかとの真ん中あたりをぐっと押すと親指が本来の位置に戻る。

★IMG_8844

阿部教授:指で押した程度でこれくらい動きます。靴の中に押したような状態になるインソールを入れて履くと体重がかかるのでもっとびしっとなります。

ここから対談企画のはずが立ち会ったスタッフ全員の足の状態をチェックしていただき、それぞれに合った適切なヒールの高さを教えていただいたり、足を見ただけで身体の悩みを言い当て、さらに改善方法まで教えていただきました。一同大感動。

阿部先生ご提案、JHA新プログラム始動?身体にあった靴底をつくれればもっと歩くことが楽しくなる

阿部教授:協会の教育プログラムの中にこういうものも入れたらどうでしょうか?

マダム由美子:本当にそうですね! 

阿部教授: ハイヒールでキレイに立つ歩くというのは、身体の状態でできない人もいるんです。本人はやっているつもりでも、私のような人間工学のプロが見るとわかってしまう。
脚の長さが左右で違う、手の振りが左右で違う、スカートが回っている……とかわかってしまうんです。

一同:うーん!

阿部教授:占い師じゃないですよ、ただの医学者ですよ(笑)

マダム由美子:左右で長さが違うとか骨の状態というのは、生まれつきのものなのでしょうか? それとも生活習慣が原因で?

阿部教授:骨形態というのは90%が遺伝です。親子で骨格が似るでしょう? 顔だけではなく他の骨組みも似るんです。だからご先祖にそういう要素を持った人がいるんですよ。それは仕方がない。

今から骨を伸ばしたり、縮めたりはできないけど、靴とかインソールとかの道具でバランスをとれば十分いけます。

マダム由美子:今、左右でサイズが違うものが買えるものもありますものね。

阿部教授:でもそれはカッコ悪い。
介護用の靴とかそうだけど、やっぱりエレガントなパンプス履きたいじゃないですか!

マダム由美子:外からわからないように靴の中で調整して履けるってうれしいですよね。

阿部教授:インソールは100円ショップに売っているスポンジシートのようなもので十分なんですよ。そのまま貼るとはがれてしまうから、中敷きをちょっと剥がしてその下に貼るといいですよ。
まずハイヒール込みで身体を真っ直ぐにすることからですね!

マダム由美子:ハイヒール込みでというのがうれしいです。最近悪者扱いを受けているので。

阿部教授:ハイヒールは悪者じゃないですよ。大好きですから。

IMG_8950

マダム由美子:ハイヒールが皆さんの身体によいものだということを先生のお墨付きをいただいて、そういうお話できたということがとても重要です。

ハイヒールを履くお仕事をしている人とか、履きたいけれど足が痛いと悩んでいる人とかそういう人たちに勇気を与えることができたと思います。

阿部教授:それで今回のコーナーが終わるじゃないですか。それでどうしたらいいの? ってことになりますよね?

マダム由美子:つづく?

スタッフ:ぜひ動画でも! 

阿部教授:一回では終わりませんね(笑)

高いハイヒールやキレイなピンヒール、履きたい人はいっぱいいると思うんです。でも足が痛いから、疲れるからとあきらめている。そういう人に夢を与えないと。夢はなかなかなかかなわないけど、そういうハイヒールを履くことを目標にしてもらえれば。目標は達成できるから。それを啓蒙していってほしいですね。

マダム由美子:はい! 

阿部教授:マダム由美子先生の方法と私の方法は全然ちがいます。でも目的は一致しています。

マダム由美子:阿部先生、嬉しいお言葉をありがとうございます。私はハイヒールについて美の観点からだけでなく、予防医学に通じる歩き方においても啓蒙し、指導をしていきたいと考えています。ぜひこれから先生とご一緒にハイヒールの素晴らしさをいろいろな場面で伝えしていきたいです。先生、どうぞよろしくお願いいたします。

一同:本日は、ありがとうございました。

IMG_9034

【阿部 薫(あべかおる)】
新潟医療福祉大学 教授 博士

専門分野は、靴医学、靴人間科学、下肢装具、歩行分析。
研究領域は、靴医学と人間工学的視点からの履物と歩行の研究。

著書:
実践リハ処方(共著),医歯薬出版,1996
シューフィッター(プライマリー)養成講座テキスト第8版(共著),一般社団法人足と靴と健康協議会,2004
シューフィッター(バチェラー)養成講座テキスト(共著),一般社団法人足と靴と健康協議会,2006
臨床歩行計測入門(共著),医歯薬出版,2008
福祉技術ハンドブック―健康な暮らしを支えるために―(共著),朝倉書店,2013